スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
読書の時間と量
 先日のYAHOOニュースからの引用です。




 「本離れ」は、若者より中高年の方が深刻――。読売新聞社が15、16の両日に行った「読書」に関する全国世論調査(面接方式)で、年代が上がるにつれ「本離れ」の傾向が見られ、特に、中高生を子に持つ人が多い40歳代で、2004年の前回調査より7ポイント増の44%と、「活字離れ」が増えたのが目立った。

 この1か月間に本を「読まなかった」人は52%で、1980年から始めた同調査で3番目に高かった。年代別に見ると、20、30歳代は各41%で、前回調査より減ったのに対し、40歳代から上の年代は増加、50歳代は55%、60歳代は61%、70歳以上は66%だった。

 読んだ本の数は「1~3冊」が39%、「4冊以上」が9%で、いずれも前回調査比1ポイントの微減。

 一方、インターネット通販で、本を購入した人は03年の前回調査比3ポイント増の10%だったが、20~30歳代が2割台で、若年層を中心に読書に対する環境の変化も見られる。

 活字離れに歯止めをかける方法では、「『読書の時間』を学校の授業科目にする」40%が最も多かった。
(読売新聞) - 10月28日2時9分更新



 1ヶ月間に本を読まなかった人が半数を超えることにびっくりしました。忙しく仕事をしていたり、心に余裕がなかった時期もあるけれど、今まで、1ヶ月に1冊も本を読まなかったということは、おそらくないと思います。皆さん、どうやって時間を過ごしているのでしょう。
 私は、インターネットに接続するようになってから、明らかに読書量は減ったと思います。手軽に遊べる、時間を過ごせる、いろんな人とコミニュケーションをとれるということから、パソコンの前に座っている時間が増えました。また、基本的に「何かを読む」ということが好きなのですが、インターネットの環境では、いろんなホームページやBlogがあり、「読みたい欲求」には、とりあえず応えてくれるようになりました。
 しかし、このところ気になっていることがあります。私は本が読めなくなってしまっているのです。時間的な問題ではなく、能力や気力の問題のようなのです。私の場合は、インターネットで文章を読んでいるときには、簡単な文章で書いてあるものを無意識に選んでしまって、手軽に欲求を満たしているようなのです。そういう生活が続いてから、どうも深く、本の世界に入り込めない、理解できなくなった気がしています。以前と比べると読む本のジャンルも変わってきたので、それで1冊の本を読むのに時間がかかるようになり、そのように思うのかもしれません。すっと理解できないので、本を読み始めるときには、ちょっと心にエネルギーが要ります。そんなわけで、読書に対してジレンマを感じているところです。

 そうして「本が読めていない」と感じていたときに、上記のニュースを読んだのでした。それで自分がこの1ヶ月に読んだ本を思い起こすと、絵本が15冊~20冊くらい。文学や思想、ノンフィクションが数冊と、そう悲観するほど少ないわけではないことに気がつきました。絵本の場合でも、読み聞かせをすることを前提に読んでいますから、じっくりと何度も読んでいます。
 それにも関わらず、「本が読めていない」と感じているのは、何故なんだろうと思います。自分の理想が高いのか、読みたい本が増えていくペースと私の読書のペースが合わないために、そう感じているのか、もっと別の原因もあるのかもしれません。

 読書の秋ですから、時間を作って、本に親しみたいと思っています。


スポンサーサイト
【2005/11/01 13:06】 | 思うこと | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。