スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
バッテリー
 中学1年生の息子が読み終えたあとに、借りた本。

バッテリー
あさの あつこ
4043721013


 野間児童文芸賞受賞作品。
 今から読もうと思っています。
スポンサーサイト
【2005/06/28 23:09】 | 小説 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
こころの日曜日
 臨床心理系といっても、学問・研究系の本ではありません。
44人のカウンセラーによる、気軽に読めるエッセイ集のような本。

 こころの日曜日 44人のカウンセラーが語る 心と気持ちのほぐし方
菅野 泰蔵
4022614730


 コラム以外は、ほとんど見開き2ページで書かれています。 
 私が持っているのは、10年以上前に出された単行本ですが、現在は文庫本も出版されています。10年たっても、人との付き合い方や、自分自身との付き合い方のちょっとしたコツは変わらないもの。
 
 精神的にちょっと疲れている人、カウンセラーの仕事に興味のある人、気軽に読める本を探している人などにお勧めです。

【2005/06/26 23:56】 | 臨床心理 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
犬連れバックパッカー―シェルパ斉藤と愛犬ニホの旅物語
バックパッカー、シェルパ斉藤こと、斉藤 政喜さんの本。

犬連れバックパッカー―シェルパ斉藤と愛犬ニホの旅物語
斉藤 政喜
4101004218


 
 なぜ、今、この本なのかというと、シェルパ斉藤さんは、現在、ニッポン縦断自転車旅の真っ最中だからです。といっても、今回は、ニホと一緒にではありませんが。
 その様子は、シェルパ斉藤さんのホームページ 「Sherpa on the web」の中の「いまどこ?シェルパ」で、タイムリーに知ることができます。ただし、更新しているのは、奥様。
 なぜ、奥様が更新なのかと言うと、シェルパ斉藤さんは、携帯電話が嫌いで、持っていない、今時の少数派なのです。今の時代、携帯電話を持って旅をし、タイムリーに伝えようとすれば、モプログ=「Mobile blog」で更新していくという方法がありますが、シェルパ斉藤さんは、そのあたり、古風というか、自分のスタイルを貫いている人なのです。

 さて、この「犬連れバックパッカー―シェルパ斉藤と愛犬ニホの旅物語」ですが、愛犬ニホは、ゴールデン・レトリバーの雌犬。シェルパ斉藤さんは、ニホが生後6ヶ月のときから、一緒に暮らし、旅していました。「いました」過去形なのです。ニホは、2004年9月24日、 9歳と3ヶ月で、この世を旅立ってしまったのです。
 この本は、旅好きの人にもですが、犬好きの人にも、お勧め。最初の10数ページ、ニホの写真が、カラーで載っています。ニホに対する深い愛情、そしてニホからシェルパ斉藤さんへの深い信頼感が、あふれています。もちろん、旅本としても、楽しめると思います。いろんな人との出会いの中で、人のあたたかさに触れ、自分を見つめ、ニホとの関係を深めていっています。旅したところでの、それぞれの地域性や自然についても、書かれています。
 シェルパ斉藤さんの文章を読むと、いつも旅に出たくなります。

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2005/06/24 21:06】 | アウトドア・旅行記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
珍しい光景
 夜9時頃、書店に行ってきました。絵本のコーナーに行くと、会社帰りらしい、30代前半くらいの男性が一人でいました。男性一人で絵本コーナーにいるというのは、あまり見かけません。男性を見かけるとしたら、もっと早い時間帯、大抵は子ども連れです。なんとなく、様子を見ていると、丁寧に時間をかけて、何冊かの絵本を見ています。子どもがいても不思議ではない年代ですから、子どものために絵本を選んでいたのかもしれませんが、自分が絵本を好きだから見ている、そういう感じがしました。
 「絵本、お好きですか?」と聞きたいような気持ちになりましたが、聞けませんでした。
【2005/06/22 23:02】 | 書店にて | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ぐりとぐら
とっても大好きな絵本。

ぐりとぐら
なかがわ りえこ
4834000826


 大好きなだけに、いつこの絵本のことを書こうかと思っていました。
 えほんうるふさんのblog、オトナノトモの「アウトドア料理は豪快に作るに限る」を読ませていただき、私も書こう!と思いました。

 このお話が初めて発表になったのは、1963年ですから、私が子どもの頃には、もう出版されていたのですが、私がこの絵本に出会ったのは、子どもが産まれて絵本を選ぶようになったとき。
 表紙の絵と、優しくてリズム感のある文体に惹かれて購入しました。
 あとで、周囲の人に聞いてみると、「子どもの頃、お気に入りの本だった」という人が何人もいました。これを聞いたとき、本当にうらやましく思いました。「子どもを、ひざに乗せて、よく読んだよ。」とか、「子どもが寝る前に、読んで~と言って持ってきて、よく読んでいたよ。」と話をしてくれる人もいました。それぞれの人に、「ぐりとぐら」のお話とともに、あたたかくて、懐かしい思い出があるんだなと、思った記憶があります。

 初めて読んだとき、ページをめくるたびに、ワクワクしました。そして、何度読んで、何度絵を見ても、そのワクワクした感じは、薄れません。我が家の子どもたちも、何度も何度も繰り返して読んでほしがりました。そして、子どもたち自身も、よく絵を眺めていたものです。今は、すっかり大きくなって、中学生、小学校高学年、小学校中学年になった子どもたちですが、やはり大好きな絵本のようです。今も「読んで!」と持ってきますから。

 この本って、アウトドア料理の本だったんですね。そういう視点で思ったことがなく、新鮮でした。確かに、外で、大きなお鍋で、カステラを作るのですから、アウトドア料理です。そして集まってきた人たち、といってもお話の中では、動物たちにですが、ふるまって、みんなで食べるというのも、アウトドアらしい光景です。

 ぼくらの なまえは ぐりと ぐら
 このよで いちばん すきなのは
 おりょうりすること たべること
 ぐり ぐら ぐり ぐら


 このフレーズが好きと言う人は、きっと多いと思います。そして、各家庭で、いろいろなメロディーがあるようです。

 ぐりとぐらのカステラを食べてみたいと思った人も、きっとたくさんいらっしゃると思います。私も、その中の一人。こんなに黄色くて、まんまるで、ふんわりとした大きなカステラは、見たことがありません。ぐりとぐらは、お料理名人に違いありません。普通は、体の何倍もあるような、フライパンやボールなど、持っていませんから。森じゅうの動物たちも、きっと以前にも、ぐりとぐらにご馳走してもらっているんだろうなぁ。そんなことを絵を見ていると思います。

 私も、いつか、ダッチオーブンで、ぐりとぐらが作ったような、おいしいカステラを、作れたらいいなと思います。
 そして、たくさんの子どもたちと一緒に食べることができたら、とても とても、幸せだと思います。
 そのときには、「ぐりとぐら」のお話を是非、読み聞かせしてあげたいものです。でも、子どもたちに、ぐりとぐらのカステラのほうが、食べたい!って言われてしまいそうです。
【2005/06/22 02:42】 | 絵本 | トラックバック(1) | コメント(4) | page top↑
かさぶたくん
かさぶたくん
やぎゅう げんいちろう
4834016404


 時間に余裕があったので、「もう1つ、お話を読んで」という声に応えて、2冊目の本を読んできました。2冊めの本は、「かさぶたくん」。本を読む前に、子どもたちに、「かさぶた、ある人~?」と尋ねると、ほとんどの子どもが「ある、ある」。「手にあるよ。」「足にあるよ。」と、まるで名誉の勲章のように見せてくれたり、話をしてくれたりします。
 「かさぶたくん」は、ユーモラスな子どもの口調を織り交ぜながら、「かさぶたって何?」「かさぶたって、どうして、とったらいけないの?」といったことを、楽しく正しく教えてくれる本です。絵本の中の子どもたちの言葉に、2年生もゲラゲラ笑いながら、楽しんでいました。

かさぶたは きずの うんこ かも しれないぜぇ。きずのうんこだ!!

かさぶたは、「にく」のかたまりじゃあ。
かさぶたにくだから、ぶたにくだあ!!

なんていう迷言に、子どもたちは大喜び。

手書きの文字と絵も、とても味わいがあり、わかりやすい科学絵本です。



【2005/06/20 20:13】 | 読み聞かせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
せかい いち おおきな うち
せかいいちおおきなうち
レオ・レオニ作 / 谷川 俊太郎訳

 今日は、小学2年生の教室で読み聞かせをしてきました。今日読んだ本は「せかい いち おおきな うち  りこうになった かたつむりの はなし」です。この本の作者は、レオ=レオニ。今回、このお話を選んだのは、季節がら、かたつむりのお話がいいなと思ったからです。

 子どもたちに絵本を見せると、「あっ、レオ=レオニだ!」「スイミーの人だ!」と子どもから、反応が帰ってきます。「よく気がついたね。」と私。国語の教科書に「スイミー」が出ていることは知っていましたが、1年生の教科書だったか、2年生の教科書だったか、私は忘れてしまっていました。「いつ、お勉強したの?」と聞くと、「今、やってるよ。」という返事でした。今日は、この本を持ってきて、大正解のようでした。

 「せかい いち おおきな うち  りこうになった かたつむりの はなし」は、「ぼく おとなに なったら、せかいいち おおきな うちが ほしいな。」と言ったちびかたつむりに、おとうさんかたつむりが、むかしいたちびかたつむりのお話を聞かせます。そして、おとうさんかたつむりから、お話を聞いたかたつむりは、自分の家は「ちいさく しとこう。」と思います。大きくなっても、ずっとそのお話を忘れずにいて、だれかに「どうして きみの うちは そんなにちいさいの?」と聞かれると、きまって<せかいいち おおきな うち>の話をする という物語です。

スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし
レオ・レオニ 谷川 俊太郎
4769020015



  
【2005/06/20 19:40】 | 読み聞かせ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
絵本の力
 最近、また絵本を読むようになっています。自分の子どもが小さいときには、子どもと一緒に絵本を楽しんでいたのですが、大きくなるにつれ、だんだんと、その機会は減っていっていました。ところが、あるきっかけから、子どもに買った絵本を読み直したり、図書館で借りて読むようになりました。改めて絵本にふれてみると、絵本って奥深いです。当然といえば、当然のことだけど、絵と文章で一つの世界ができている。自分のために読んでもおもしろくて、心にしみわたってきます。子どもに読み聞かせをするともっと楽しい。そのときの子どもの反応、目の輝きを見ていると、絵本っていいなぁと、心から思います。

 そんな私が、今読んでいるのが「絵本の力」という本で、臨床心理学者の河合隼雄先生と、編集者の松居直さん、ノンフィクション作家の柳田邦男さんの3人の講演と討議がおさめられた本。河合隼雄先生の本と柳田邦男さんの本は、過去に何冊か読んでいます。河合隼雄先生の本と柳田邦男さんの本については、また、別の機会に書きますが、とても洞察力の深いお二人。
 この「絵本の力」という本は、図書館で偶然見つけました。絵本を読むってどんなことなんだろう、子どもたちに読み聞かせをするって、どういう意味なんだろうと思っていたときに、図書館のこども室で見つけたもの。きっと書店だと、絵本のコーナーの近くに置いてないところが多いんじゃないかなと思うのですが、図書館は、さすがです。

絵本の力
河合 隼雄
4000222597

【2005/06/19 06:51】 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
作ってみました
 最近、少しずつ本を読む時間が増えてきました。それと、ブログにも興味があったので、本に関するブログを作ってみることにしました。テーマがテーマなので、本を読まないと更新できない可能性が大きいので、先行き不安でもありますが、とりあえず、続けてみようと思います。
【2005/06/19 02:10】 | 私のこと | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。