FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
まほうのえのぐ
まほうのえのぐ
林 明子
4834012808


 とっても表情がいい絵本なのです。動物の表情もそうなのですが、なんといっても、登場人物のよしみの表情が、生き生きとしています。小さい子って、こういう表情をするなぁと、改めてしみじみと絵を見ました。
 
 私は絵を描くのが苦手な子どもでした。ですから、お絵かき遊びというのをした記憶がありません。絵を描いて遊ぼうと思った記憶がないのです。絵の具を使い始めた頃、やっぱり、よしみと同じように、どろんこのえになってしまいました。でも、私とよしみの違いは、へびに会わなかったこと。へびに絵の具を持っていかれたよしみは、へびを追いかけます。そして、りすやねずみや、からす、きつね、くま、しゃくとりむしなどと、一緒に絵を描くのです。そして、素敵な素敵な絵が完成するのです。私も動物たちに出会っていたら、そして、動物たちと一緒に絵を描くような自由な心があったら、絵を描くのが好きになっていたかもしれません。子どもだったら、この絵本を読んでもらったら、絵を描きたい!と思うでしょう。
 読み直してみると、どろんこのえは失敗作に終わってないのです。よしみは、動物たちと一緒に、その上から続きを描いていたのでした。そういうところも、なんともいいなぁと思ったのでした。
 この絵本は、見れば見るほど、まほうがしかけてあります。どうぞ、ゆっくりとご覧になってください。
スポンサーサイト
【2005/11/26 11:16】 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<おでかけのまえに | ホーム | めっきらもっきらどおんどん>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tumugi27.blog13.fc2.com/tb.php/46-509d49a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。