スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
サンタクロースとクリスマス旅行
フェリックスの手紙 4
アネッテ・ランゲン話 / コンスタンツァ・ドロープ絵 / 栗栖 カイ訳


 去年のクリスマスに、当時小学4年生だった娘に贈った絵本。
この本には、5つのお手紙と特別なプレゼントがついています。封筒から、お手紙をとりだして読むという、この本の仕掛けに、娘は大喜びでした。

 サンタクロースって、本当にいるの?と疑問を感じ出した子どもや、サンタクロースなんていないと聞いてきて、がっくりしている子どもと、そして、もうしばらくファンタジーの世界を楽しんでいてもらいたいと思う大人に、お勧めです。この絵本に登場するソフィーという少女が、ちょうどそういう年代なのです。そして、ソフィーの大事なぬいぐるみのフェリックスが、サンタクロースに会いに旅に出て、旅の途中にソフィーにお手紙を出すのです。世界のクリスマスの習慣も書かれていて、クリスマスの雰囲気たっぷりの絵本です。

 
スポンサーサイト

テーマ:クリスマス絵本 - ジャンル:本・雑誌

【2005/12/07 23:49】 | クリスマス絵本 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<はじめてのゆき | ホーム | ふたりの ゆきだるま>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tumugi27.blog13.fc2.com/tb.php/68-29dea8ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ハリー・ポッターと謎のプリンス ハリー・
6巻で5巻の大失敗を回復出来た。登場人物をこの様に書けるのなら5巻を再度修正してファンに納得出来るようなハリーの像に直して再度読者に信を問うべき。1巻で驚き、2巻で期待以上、3巻も前回を上回り、4巻で頂点に達した。しかし5巻で奈落の底へ読者を突き落とした みれいのブログ【2007/09/30 11:36】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。