スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
りゅうの目のなみだ
りゅうの目のなみだ
りゅうの目のなみだ


タイトルを見て、子どものときに読んだ気がするのだけれど、この本の出版は、2005年11月。過去に、偕成社やあかね書房からも出版されているので、それを読んだのかもしれません。

誰もが怖がり嫌っているりゅうに対して、
少年は「かわいそうだよ、どうして誰もあのりゅうをかわいがってやらないの」と涙を流して言います。

そして、自分の誕生日に招待するために、自らりゅうを探しに出かけるのです。

「ぼくは、ね、おまえさんをいじめはしない。まただれか、いじめようとしたってかばってあげる」。

そのあまりにも優しい言葉にりゅうは涙を流します。やがて、その涙は川になり、川の流れに、りゅうは船のようになって少年と一緒に町へと向かいます。

少年の優しさ、偏見のなさ、しなやかな心を感じます。
どうしたら、こういう子どもを育てられるんだろうと思います。
金太郎や桃太郎のような、力で圧倒するような強さではなく、凛とした心の強さを感じました。
(金太郎や桃太郎の世界を否定しているわけではありません。)

力自慢の子に育てるのには、子どもの持って生まれた才能と子どもの努力が必要だと思います。一方、優しい心、相手の気持ちを考えられる子どもになるには、親や周囲の人々の影響が大きいのだろうと、私は思っています。

というわけで、私としては子どもに感じとってほしいというよりも、大人である自分が考えさせられたのでした。

「りゅうの目のなみだ」サウンドトラックというサイトを見つけました。

これは、この本の絵を描かれている植田真さんと、編集協力を行う江口宏志(ユトレヒト)さんとの対談になっています。そして、場面ごとに植田真さんがイメージする曲が紹介されています。挿絵も載っていますし、なかなかおもしろいサイトだと思います。
私は、紹介されている曲を全く知らなくて、絵を描かれた横田さんと、音のイメージを共有できなくて残念。
少しずつ、曲を探して、絵本の世界をより深く楽しむことができたらと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:絵本 - ジャンル:本・雑誌

【2006/05/02 16:03】 | 絵本 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
<<ジルベルトとかぜ | ホーム | あなたをずっとずっとあいしてる>>
コメント
訪問履歴から遊びにきました
良い話ですね
子供は本来こういう気持ちを
持ってるんですよね
大人よりずっと純真で真っ直ぐな
気持ちを…
大人の私でも凛とした
心の強さには憧れます
また遊びにきます
【2006/05/04 22:21】 URL | ミニュ #-[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tumugi27.blog13.fc2.com/tb.php/96-c08c6782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。